人気の包茎手術クリニック

当サイトイチ押しのABCクリニックさんでは、現在「3万円から出来る包茎治療」のキャンペーンを実施中!

 

更に今オンライン予約の時に備考欄に『3,30,3プロジェクト希望』と書くと、治療費が30%OFFになります。これまで包茎治療で、ここまでコスパの高いクリニックはありませんでした。

 

年間治療数も2400件と実績も十分なので、安心して進められるクリニックです。

テレビCMでのお馴染みのあの上野クリニックです。

 

大手なのでこちらも実績豊富で自然な仕上がりが人気です。また手術前後に不安な事があれば、24時間電話相談可能なアフターサポートにも力を入れています。

 

料金も明瞭会計で分割支払いにも対応しているので安心して治療出来ますね。価格の折り合いがつけば、こちらの上野クリニックもオススメです。

東京ノーストは包茎専門医院として25年の実績があるクリニックです。

 

こちらの独自の治療法として、二重まぶたを作る技術を使った切らない手術が受けられます。こちらは施術時間も30分と短く、費用も安いので治療方法の一つとして考えておきましょう。

 

今ならWebから予約すると1万円引きキャンペーンを実施しています。

東京スカイクリニックにはなんと待合室がありません。完全個室制をとっているので、最初から最後まで他の人と顔を合わせる事はありません

 

ワンランク上のクリニックでの治療を望むのであれば、こちらがオススメです。

包茎手術とは?

包茎手術というと、勃起していない平常時でも亀頭が露呈している状態にする手術と思っている人が多いですが、実は違っています。
基本的な包茎手術は、勃起時の状態になった時に余っている包皮、余剰包皮を切除する手術になります。

 

「勃起時に合わせて切除したら、平常時は皮がかぶってしまうのでは?」
と思う方も多いでしょうが、たいていは勃起時に余っている部分を切除すると、非常時にもかぶらなくなります。
包茎手術本来の目的は、勃起時に皮がかぶらなくするもの、と理解しておきましょう。

 

形成外科・美容外科的包茎手術

しかし包茎手術にも様々な種類があります。
単純に勃起時の皮かぶりを排除する包茎手術以外にも、切除後の見た目を重視する手術の方法もあります。

 

包茎手術を受けた人が「失敗」と感じる多くが、この見た目を重要視しない手術をされたことによる場合が多いのです。
包茎の方は自分の包皮を見てもらえば分かるかと思いますが、表の部分と皮をめくった中とでは皮膚の色が違いますよね。
通常の泌尿器科で行う包茎手術では、余っている皮を切除することによって内部の皮膚が見えるようになります。
つまり途中から色がくっきりと違ってきてしまうという仕上がりになるのです。
包茎手術では「ツートンカラー」などと呼ばれていますが、外部の色が濃い人ほど、術後のツートンがクッキリとしてしまうのです。

 

そういったことも考慮しながら、自然な仕上がりを重視する包茎手術になると、形成外科や美容外科の得意分野となってきます。
健康保険が適用されなかったりというデメリットはありますが、自然な仕上がりを求める人にしてみれば、一生に一度の手術ですから妥協はしたくないですよね。
(包茎手術がそう何度も繰り返し行える手術ではありません。)
特に見た目のコンプレックスを克服するための包茎手術だった人にしてみれば、結果がクッキリのハッキリのツートンカラーになってしまっては元も子もありませんね。
そういった観点から、多少の費用をかけても形成外科や美容外科で包茎手術を受ける人が多くなっているのです。

 

その他の包茎手術

包茎手術というと、皮を切るものといったイメージがありますが、皮を切らずに包茎を治す手術もあります。
特に埋没型包茎の人の場合、埋まっている陰茎を引っ張り出すだけで包茎が解消される場合が多いのです。
見た目的にもペニスが長くなったと感じますので、一石二鳥の方法でしょう。

 

また、亀頭や陰茎を増大させることで包茎を解消させる方法もあります。
本人の自信にもつながる方法で、切除法と合わせて行う人も増えています。

 

こういった手術の方法は個人によって効果のほどが違ってきますので、必ず事前に十分なカウンセリング・診療を受けるようにしましょう。
あなたの状態に一番合った包茎手術をすることが大切です。